最強デッドニング

皆さん、音質にこだわっていますか?僕はすごくこだわっています。常にどうしたら良いか毎日考えています。そこで今回はデッドニングについてお伝えしたいと思います。車の音質を良くしたいならきっとたどり着くゴールの一つだと思います。スピーカーもツィーターもウーファーも比較的簡単に取り付けが可能だと思います。しかし、このデッドニングは中々、上手く行きにくいです。結構難しいです。

その為、気持ちに気合が無いと中々上手くいきません。

そもそもデッドニングとはなにかと言うと、車のスピーカーはドアから流れていると思います。そうなんです。ドアにスピーカーがただ付いているだけなのです。なので、それでは音質が上がるわけがありません。

車のボディには結構な割合で隙間や穴が空いています。ドアパネルやら何やらを、すべて取り外して鉄板だけの骨組みのような状態にしてから作業を行います。初めて見る人は車の残骸とでも思うくらいだと思います。

デットニング材という密閉性の高いシートのような素材を、車のボディに隙間なく張り付けていきます。形に合うようにカットをして、張り付けたのちは更にグリグリと押し付けて、空気や隙間が生まれないようにしていきます。

こうして無駄な音の響きをカットしていくと、ドアの外側をコンコンと小突いただけでも音の伝わり方が全く違うものになったことが即座にわかります。

このようにデッドニングは、車を箱とするのです。つまり、車自体を大きなスピーカーにするのです。開いている空間潰し、音が反響しないようにクッションを引いたりするのです。そして完璧になったドアは最高の音を出します。