小さな重低音自分空間

普通車から軽自動車に買い替え・・・14年ぶりの新車だが、ヘヴィーメタラーの私は重低音が絶対条件。
今では当たり前のナビも付けずにカーステレオ&スピーカー、サブウーファーを購入した。憧れの箱型のサブウーファーは小さな車に入るはずもなく、シート下にも入る小型のものをチョイス。
しかし、シート下には暖房が直接当たるため、運転席と助手席の間の足元に設置することになった。後からわかった事なのだが、サブウーファーには青いイルミネーションが付くので、結局見える所の設置で正解!
サブウーファーと一緒に付けたのは、セパレートタイプのスピーカー。
足元のドアからの中音と、耳の高さのツイーターからの高音、下からの重低音のバランスが取れた時、音はどこから聴こえてるのかわからなくなる。そして、思わず叫びたくなる。
天井やドア、ロードノイズを拾いすぎる下部のデッドニングもしたいと思いつつ、ガレージもない技術もない私はそのままの状態でもう1年以上過ごしている。
軽自動車だけど、一人になれる自分空間。どんなに音漏れしようとも、爆音&重低音はやめられない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です